【スロットカーのメーカーとブランド】(Wikipediaより)

 [メーカー・ブランド]

イギリスのスケーレックストリック、ドイツのカレラやレベル・モノグラムのような1960年代のブームを支えた古参のメーカーと、SCX、FLY、NINCOなどの比較的新しいメーカー、Slot it、Pink Karなどの近年頭角をあらわしはじめたメーカーがある。

1960年代の世界的なブーム時にはCOXレベルモノグラムタミヤ日本模型青柳金属工業も参入していた。1960年代当時、既にマグネシウムダイカスト製品が量産され使用されていた。当時の製品は現在でもオークションなどで高値で取引されており、今尚、高い評価を受けている。いずれも撤退や廃業しており、既に生産されていない。

1/24スケールや1/32スケールのスロットカーでは、ボディのみ同スケールのプラモデルから流用することがある。

[主なメーカー・ブランド]

既に撤退・廃業したメーカー・ブランドを含む。五十音順。

  • ウィズ – 1/32スケールのGSLOTを供給する。
  • HPI (エイチピーアイ) – アメリカのメーカーで、1/32スケールの完成品を供給する。
  • SCX (エスシーエックス) – スペインテクニトイズ社が展開するブランドで、スペインとメキシコ国内向けにはscalextricブランドを使用する。
  • オーロラ – かつてのアメリカのメーカー。HOスケールのAFXを展開していた。日本ではトミーが販売していた。
  • カレラ – ドイツのレーマン傘下。家庭用としては現在唯一の1/24スケールのコースを販売する。1/24、1/32、1/43の各スケールで展開する。
  • さかつう – 1/24と1/32のパーツを提供していた。(撤退)
  • スケーレックストリック – イギリスのホーンビィ傘下。世界で初めてスロットカーを商品化したとされる。
  • Slot it (スロットイット) – イタリアのメーカーで、1/32スケールの完成品を供給する。
  • TYCO (タイコ) – アメリカのメーカー。HOスケールのスーパーサーキットを展開していた。日本ではエポック社が販売していた。
  • タカラトミー – 1/87スケールのマイクロスロットカーを販売する。
  • チェリコ – HOスケールのスロットカーを販売する。
  • NINCO (ニンコ) – スペインのメーカーで、1/32スケールの完成品を供給する。
  • バンキッシュ – スペインのメーカーで、デファレンシャルギアが組み込まれていた。(倒産)
  • バンプロジェクト – シャーシを供給する。
  • Pink kar (ピンクカー) – 1/32スケールの完成品を供給する。
  • FASTLANE (ファストレーン) – トイザらスのブランド。
  • FLY (フライ) – 1/32スケールの完成品を供給する。
  • メルクリン – ドイツのメーカーで、スプリントの名称で1/32スロットカーを生産していた。(撤退)
  • レベル・モノグラム – アメリカではモノグラムブランドで販売する。
カテゴリー: ▼【解説:SLMBペディア】 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です